サービスのご紹介 Service

  • サービスのご紹介TOP
  • パーツ・アクセサリー販売事業
  • 板金・塗装事業
  • 営業体制について
  • 板金・塗装事業の特長
  • コントロールセンター
  • 内製工場
  • 内製工場一覧
  • 内製工場の設備機器
  • メーカー認定工場
  • テュフ ラインランド板金塗装工場認証
  • 修理方法・修理手順
  • 板金・塗装事業の取組み
  • YANASE The Bodyshop Network加盟工場制度について
  • 地球環境保全への取組み
  • 講習会・人材育成
  • リサイクル事業
  • 新規取引のお客様
  • Pa-net
  • 提携工場
  • YAS Person | Interview
  • YANASE The Bodyshop Network 加盟工場 新ロゴマーク

板金・塗装事業[輸入車、国産車も対応可能]

内製工場の設備・機器

安全性の復元に寄与する板金設備・機器
フレーム修正機(ベンチ式)

ボディフレーム修正機は輸入車メーカーの多くが推奨する、フランス製「セレットベンチ」を採用。モノコックボディ用に開発されたセレットベンチは、ジグタイプの修正機です。ジグは車種ごとに専用のジグを取り付けることで、メーカーオリジナル状態と寸分の狂いなく、ボディフレームの修正が可能となります。

フレーム修正機(ユニバーサル式)

中・小ダメージのボディ修正とリフト機能をドッキングした、新しいタイプの車体修正システムです。最も使用頻度の多い小ダメージ車両を短時間で修正機にセットし、簡単な引き作業を行うことが可能です。
当社ではスウェーデン・カロライナー社の「カロライナー・スピード」を多数採用しています。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

骨格修理や修正作業には、ダメージに合った修正機を使用することが大切です

ヤナセオートシステムズでは、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMW、フォルクスワーゲン、ボルボ、ランボルギーニ等の輸入車の専用ジグを取り揃えております。
また、大ダメージ作業場の床には床式修正機も埋め込まれており、セレットベンチと組み合わせることで通常では修復しにくいゆがみにも対応できます。

ボディアライメント計測システム

カートロニックボディアライメント計測システムは、車両のアッパーボディやアンダーボディの多くのポイントで三次元で車両の歪みを計測することが可能です。より高度化する最近の車両は、衝突時に発生したフレームの位置のズレを目視で確認することが難しくなりました。その上、フレームのほんの少しのゆがみは車の走行性能に大きな影響を与えます。当社では、損傷の度合いに応じて分解前にフレームの損傷状況を確認し、わずかなゆがみも見落とすことなく修復に努めます。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

最近の修理では、損傷の状況を
目に見える形でお客様に説明
することも大切です

カートロニックボディアライメント計測システムは修理前と修理後の計測データをプリントアウトすることも可能で、お客様に対し修正作業を解りやすくご説明することができます。修理後も安全にお乗りいただく安心感をご提供いたします。

トラバース・リフト

大ダメージ車両を修正機にセットしたり、外したり、作業途中でも車両を吊り上げて横移動が可能な電動リフトです。

美観の復元に寄与する塗装設備・機器
塗装ブース

本格的なプッシュプル型の塗装ブースから簡易ブース・小型ブースと種々提供されていますが、ヤナセオートシステムズでは、温度管理のできる本格的な上下ダウンドラフト式プッシュプル型塗装ブースを採用しています。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

塗装ブースの重要性。

塗装作業では塗料の霧(ミスト)や塗料に含まれる有機溶剤が大気中に放出されます。ミストや有機溶剤を塗装作業者が吸入することは安全衛生面から健康を損なう恐れがあります。自動車補修で使用する塗装ブース(プッシュプル型)は、そのための設備として承認され、構造やブース内の風量が定められています。
また、塗装作業においては、スプレーした塗料の乾燥や、大気中のゴミ・埃等の付着を防ぐためにも塗装ブースはなくてはならない設備です。

サンディングブース

塗装の準備作業を専門に行うためのブースです。塗料同様、下地作業に使用する材料も人体に有害なものがあるだけでなく、ミストとなって浮遊した場合には完成品質に大きな影響を与えます。
パテやサフェーサーのサンディングにもダウンドラフト式のブースを使用します。

調色室

水性製品を除いて、広く使用されている溶剤系塗料材料は引火性液体の危険物です。その為、塗料材料を取り扱う場所は少量危険物取り扱い貯蔵所として貯蔵量の限界を守り、隔離された場所に保管しなければなりません。

塗料

ヤナセオートシステムズでは、輸入車メーカーの多くが推奨するAxalta社製のCromax製品、及びStandox製品の揮発性有機化合物が少ない、低溶剤型塗料を使用しております。両メーカーはアメリカ及びヨーロッパで使用実績がNo.1の塗料メーカーであります。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

水性塗料への取り組み

欧米やアジアの一部の地域では、揮発性有機化合物の使用制限があり、水性塗料が広く使用されています。日本においては、揮発性有機化合物(VOC)の削減は努力目標とはなっておりますが、現状は板金・塗装工場の水性塗料への切り替えは数%に留まっています。ヤナセオートシステムズでは、自動車産業を担う会社として地球温暖化抑制に寄与する水性塗料への切り替えに2007年から取り組んでいます。現在はBPセンター三郷で高品質の仕上がりと作業性の向上について研究を進めており、今後、全内製工場や提携している協力工場への水性塗料の導入を計画しております。環境にやさしいボディショップとして、VOC削減に貢献していきます。

確かな走行性能を復元するメカニック設備・機器
ホイールアライメントテスター

【4輪トータルアライメントテスター】
ほとんど全ての輸入車のホイールアライメントデータが入っており、衝撃が足廻りに影響を及ぼした車両や足廻り部品の交換作業時には計測しています。
まっすぐ走り、自由に旋回し、まっすぐ止まる、車の基本的な動きを保証する為の必須ツールです。

分解作業用リフト

大ダメージを中心とする内製工場では、板金・塗装作業のみならずメカニカル的な作業までを行う一貫工場でなくては、最終的に車の修理は完成できません。
内製工場は分解整備に関する認証工場資格を有し、各メーカーの専用テスターも配置し、事故車修理専用のメカニックを配備しております。

輸入車メーカー認定工場用設備・機器
アルミストール

昨今、多くの車にボディ素材として採用されているアルミニウムは一般的に使用されているスチール素材と接触すると化学反応を起こし、素材の腐食の原因になります。また、アルミニウムの粉塵とスチールの粉塵が混合した場合、アルミニウムは粉塵爆発の危険性が高く注意が必要です。

従って、アルミニウムボディ修理と通常のスチールボディの修理作業場は隔離する必要が有り、アルミニウムボディ修理を担当する全国6か所の内製工場にはアルミ修理専用のアルミストール(作業場)を設置しております。

アルミ溶接フューム集塵・集煙装置

アルミニウム素材の溶接作業や切断作業時には、非常に毒性が高い煙(フューム)が発生します。ヨーロッパの自動車メーカーでは、車の安全性とともに作業をするメカニックへの健康被害にも配慮して集塵・集煙装置の配置を義務付けています。

弊社でも作業者の安全確保のため専用の集塵・集煙装置を設置しております。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

安全性の復元だけでなく、作業者の安全を考えるのも認定工場です

認定工場に必要な設備には、車の修理に関するものだけでなく作業者の安全に寄与するものも多くあります。
セーフティーを大前提とするヨーロッパ諸国では、作業者に対する安全も配慮することで、より正しい修理が可能となります。

フレーム修正機用車種別専用アタッチメント

セレットベンチ用のメルセデス・ベンツ、アウディ、BMW、フォルクスワーゲン、ボルボ、ランボルギーニ等の輸入車の専用ジグを多数、取り揃えております。

ボディアライメント計測システム用車種別データ

カートロニックボディアライメント計測システムにはフレームのゆがみを三次元で計測するためのそれぞれの車種のボディ・アライメントデータが登録されています。
修理の前にボディを測定することで、不要な作業をせずに済みます。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

認定工場のみに提供される、特定車種データ

一部の輸入車メーカーではメーカーの指示する正規な作業を実施させるため、特定車種のデータは認定工場以外には提供していません。
ヤナセオートシステムズの各工場は、認定工場として数々の特定車種データを入手することが可能です。

安心のための測定・計測もヤナセオートシステムズへ!

アルミニウムボディ専用ツール

アルミニウムボディの修理に必要な専用ツールとして、ミグ溶接機、スタッド溶接機、リチャージブル・リベッター、接着ガンなどを保有しており、メーカーが指示する修理方法に準じて作業を実施致します。ハンマーやドリーなど、アルミニウム素材と直接触れる工具については全てアルミニウムボディ専用ツールとしており、アルミニウムボディ専用ストールの外に持ち出す事やスチールボディで使用したツール類をアルミニウムボディ専用ストール内に持ち込む事も禁じています。
これは併用した場合にアルミニウムを腐食させてしまい、長期間にわたる高い品質を維持する事が困難になる為です。

ACCセッティングディバイス(車間計測用センサー)

衝突を回避したり、衝突時の衝撃を緩和する為の装置として、前方との車間を測るセンサーが装着されている車両が発売されています。
その為、フロントバンバーなどフロント廻りの損傷や足廻りの作業を行った場合には、センサーが正しい方向にセットされているか測定し、場合によっては調整が必要になります。調整されていないセンサーは前方との車間を正しく計測できないため、メーカーが設計した通りの安全性を確保できないものになってしまいます。

技芸/技術/技能ここがポイント!YAS Strong Point

完成車として納車できるのも認定工場です

ヤナセオートシステムズの内製工場には、各車種に対応するアライメントテスターやメーカー認定のテスター及びセッティングディバイス等を配備しており、お客様へそのまま納車して頂ける完全な完成車として納車しております。

YANASE The Bodyshop Network
加盟工場募集中

損害保険会社の入庫誘導プログラムへ
向けた事業を弊社と連携して行って
いただける提携工場を募集中。

加盟工場募集
ページトップへ