YAS Person Interview

06 経験と技術を結集させたサポートシステム
P&A統括物流部会議室

P&A統括物流部会議室

P&A統括物流部管理課 柏木敏男

P&A統括物流部管理課
柏木 敏男

海外との独自ネットワークに基づき、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アウディ、BMWをはじめあらゆる輸入車メーカーの純正部品の輸入、販売を行っているYAS。横浜と大阪に構える物流倉庫には、ボディパネルやエンジン・ミッションといった機能部品から、ワイパーやボルトなどの消耗部品にいたるまで、常時8万品目超の在庫を抱えている。そんな膨大な数の部品の輸入、管理、出荷を行っているのがP&A統括部物流部のスタッフたち。今回は物流部中心となる4名のメンバーが集まり、独自の管理体制や今後の取り組みについて語った。

豊富な自社保有在庫をスピーディーに
お客様へお届けする独自の物流管理

富沢:ヤナセオートシステムズでは、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、BMWをはじめ、幅広い輸入車部品を取り扱っております。横浜の港北、大黒ふ頭、大阪の3カ所に構える大型倉庫に保有する在庫は受託在庫を含め常時8万品目以上。10,000㎡を超える倉庫スペースに、微小なネジやクリップからボディパネル等の大型外装品にいたるまでを管理しています。それら全ての商品の入荷、保管管理、出荷業務を行っているのが私たちP&A統括部物流部。100名ほどのスタッフで物流業務を行っています。

柏木:私は入社以来37年間、物流業務一筋で業務に携わっています。入社した頃は、メルセデス・ベンツの部品はメルセデス・ベンツ専用の倉庫に、フォルクスワーゲンの部品はフォルクスワーゲン専用の倉庫に、と、「1車種1倉庫」というかたちで管理していました。しかし現在は、大型の倉庫にあらゆるメーカーの部品を集結させ、一括管理に。その分だけ管理が複雑になりましたが、私たちのお客様である自動車部品商、修理工場、板金・塗装工場、カーショップなどへスムーズかつ効率よく輸入車部品をお届けできるようになりました。

下村: 日々の商品管理においては、出荷が多いものは取りやすい場所に配置したり、時季が入れ替わるごとに季節商品を入れ替えたりなど、受注~梱包~配送までの導線をできるだけ短くするよう心掛けて管理しています。また、倉庫管理において、多くの場合、1アイテムにつき棚を一段ずつ使う「ロケーション管理」というものを行います。しかしYASには8万点ものアイテムがありますので、1棚に3~4アイテムの商品を配置する「マルチロケーション管理」を行っています。複雑な商品管理を正確に行うため、商品の出し入れにはバーコードを利用しロケーションとパーツナンバーを照合させ、入出庫作業を行っているわけです。

1|
P&A統括物流部管理課 富沢高志

P&A統括物流部管理課
富沢 高志

P&A統括物流部管理課 下村和幸

P&A統括物流部管理課
下村 和幸

ページトップへ